• 2007.12.03
  • Monday
  •   
  •  
  •   -
  •   -

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

異国の地
070124_2

SX-70 1st model, SX-70 film 2006.12.27 長崎


失われた色は、どこへ行ってしまったのだろう。
「針穴、缶カメラ、4x5」という衝撃は、思った以上に大きくて、
カメラって、写真って何なの……的なことを、ついつい考えてしまいます。 ふむむ〜。
  • 2007.12.03
  • Monday
  •   21:51
  •  
  •   -
  •   -

 

スポンサーサイト
  • ..
  •   
  •  
  •   
  •   

 

Comment:
よこ (2007/01/29 10:21 PM)
この色がSX-70の色なのですね。
夫が真さんのブログの写真を拝見して「光と影が読める方なんだね」と感心しています。
私にもその才能分けて欲しい。
真 (2007/01/30 12:13 AM)
>よこさん

そうですね、これが SX-70 film ならではの色ですね。
でも、もうあと手持ちは…3枚だけなんです。
製造中止でなかなか手に入らないフィルムなんで、使うのもったいないし…、
期限が過ぎてるから急いで使わなきゃいけないし…と、複雑な気分です(笑。

光と影が読める、って素敵な言葉ですね〜。
褒めていただいて、とてとても嬉しいです!

でも、私にとってはどれも「偶然」って感じなんですよ。
たぶん、光と影が読めるのは、私のカメラなんだな(笑。


しょっぺ (2007/01/30 1:34 AM)
これは…すばらしいの一言ですね。
こんな写真がSX-70で撮れるんですね〜(゚Д゚;)

僕もSX-70film残り1枚ですよ…orz
なんだかさみしいです(´・ω・`)
真 (2007/01/30 2:53 PM)
>しょっぺさん

ありがとう。ただ、シャッター押しただけなのよぅ…。
大浦天主堂なんですが、気づいた?

残り少ないと、本当にどきどきするよね…。

やっぱり自分で撮ってみてはじめて、
この何とも言えない魅力を感じることができたから、
実際に使ってみることができたのは、本当に幸せだったな〜と。
ええと〜、間に合ってよかった! みたいな(笑。
しょっぺ (2007/01/30 11:21 PM)
たぶんそうだと思ったんですよね〜、あんまり行ったことないんですけど(´∀`;)

そうですね!
僕は、もうSX-70使えないんだと、半ばあきらめかけてたときに、
SX-70 FOREVERのサイトで最終入荷とあったので、
速攻でポチッとやってましたwww

ほんとに使うことができてよかったです!
真 (2007/01/31 12:13 AM)
>しょっぺさん

有料だからねー、地元だと普通は行かないよね(笑。

えーと、私はオークションでゲットしました。
大人なので、使ってみたい! という欲望を、
お金で解決してしまいましたよぅ……(苦笑。

Add a comment:









   

PROFILE
ENTRY (latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT

 

 

flickr
www.flickr.com
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.